隠れ家を作っては

子供の頃は隠れ家ってのが沢山ありました。山の奥にある何でもないところを隠れ家だとか何とか言ってそこに大事なオモチャやマンガなどを置いては学校の帰りに立ち寄ったり休みの日には立ち寄って友達とお菓子を食べながらワイワイと楽しんだりしてましたが次に新しい秘密基地、隠れ家なんてものが出来てしまうと前の隠れ家は誰も行くことがなくなってしまい置いていた物はそのまま放置、誰が片付ける訳でもなく気が付いたら無くなっているんですよね。
 
まあきっと誰かが片付けてくれたんでしょうけど友達が持って帰ったって線も捨てがたいですね。

SNSでもご購読できます。