2014年 8月 の投稿一覧

車がはちあわせになった時

細い道で、両方から来た車がはちあわせになりました。どっちかが広いところまで下がらないとすれ違えません。ですが、お互い下がろうとしない。

互いに手でシッシッとやるような感じで、いかにも「お前が下がれ」という感じです。

3分くらい経ってようやく、片方が下がり始めました。それでその場は終わったのですが、後に「相手を下がらせた方」の人が自分の知り合いだったのでこの話をしてましたが「絶対、相手に下がらせてやろうと思った。

相手が下がった瞬間、勝ったと思った。」などと言ってまして、目が点になりました。

あまりにもくだらい。低度低すぎの争いを自慢気に話すので。

車の修理

以前自分は、ある公共施設の駐車場に停めていて、2メートルくらいの傷をつけられたことがありました。修理に出すと13万でした。

ドアとか前、後ろの部分にまたがっていて、それぞれのパーツごとに塗装の料金が加算されるという感じです。

時々、ぼっこりとへこんだままの車とか、ガラスの部分に黒のゴミ袋で補修してる車を見かけます。ヘッドライトの周りにガムテープ貼って直してた車もありました。あれはちょっとみっともなくて自分には真似できません。

飲み屋街を歩いてた

飲みに出た時のことですが、履物がつっかけで、短パンだけ履いて、上半身が裸で繁華街を歩いてる男がいました。身体は細身でしたが、筋肉とほどほどという感じでした。

それにしても見せつけるようなことをするとは、やはり自信の現れでしょうか。でも女でこういう格好で歩いてる人の方を見たかったです。

なくしてしまいました

最近、いつもトレーニングジムに行った時、いつもルームに持って入ってる袋をなくしてしまいました。

小さい布袋なんですが、その中に携帯とか手袋とかストラップを入れて、トレーニングの最中にも持ち歩いている袋なんですが、どこでなくなしたか思い出せません。

中身は手袋が一つだけの状態でしたからそれほどダメージはないんですが、10年くらい使ってたものがなくなるのは寂しいですね。

この発言

飲み屋に一人で飲みに行って、カウンタに座って飲んでいた。自分の隣には男の2人組が座って飲んでいる。彼らの会話を何となく聞いていた。
話題は学生時代のことのようだった。

「学生時代に何かクラブやってたの?」と片方が聞くと
「あ、柔道やってた。」と、もう片方が言うと、

「ほ~、柔道?なんちゃって柔道か?」と相手が言った瞬間、もう片方がキレた。「何がなんちゃって柔道じゃーっ!」
と突然怒鳴って立ち上がった。

自分もびっくりした。ケンカになったら止めに入るべきか?と一瞬思ったが、ケンカになりかけた時、別の人がすぐになだめて収まった。

格闘技を本気でやってたら、ああいう言い方をされたら誰でも腹が立つ。ふざけていいことと悪いことの区別がつかないんだろうか。馬鹿としか言いようがない。

それまで楽しく飲んでいた2人組はこの瞬間から険悪な雰囲気になり、お互いすぐに店から出ていった。一言で全部をぶちこわす場合もあるということがよく分かった。

4と9の縁起

不吉な数字とされている数字がありますね。海外では13、日本では4と9。死や苦しみにつながるということで、避けられています。

ホテルなどでは特に顕著で、部屋番号に4や9を使わないところもあります。もちろん、泊まったお客さんが嫌がるというのが理由でしょうが。

ですが、四葉のクローバーとか、スポーツ選手で44を「獅子」と呼んで闘争心をかきたてるという人もいますし、4に関しては考え方次第という感じもします。

野球も9人で9回まで行なうスポーツですし。じゃ、野球は不吉なスポーツかっていうと全然そんなことはないし。でも気にする人はすごく気にするようです。

マッサージの店

いつも行っている散髪屋の女主人が、今度はマッサージの店をオープンしたから来て、と頼まれました。マッサージするのは20歳くらいの女の子で、別に怪しい店というわけではありません。

脚とか足の裏、背中などをマッサージします、ということで、触ってもらうとさぞかし気持ちいいだろうと期待して、行ってみました。

しかしいざ始まると、気持ちいいどころか、このコがめちゃめちゃ力が強く、揉んでもらうというより肉を引きちぎられそうな感じ。

激痛のラッシュでした。しかし悲鳴を上げては失礼かと思ってひたすら耐えましたが、とにかく早く終わってくれるように祈るのみでした。

「気持ち良かったです」と一応言いましたが、痛かったという以外の感想は何もありませんでした。

買ってすぐ傷

ポケットに手を突っ込んで歩いていたら、デコボコの壁でうっかり腕時計をこすってしまい、昨日買ったばかりの腕時計に早くもザックリと傷が入ってしまいました。

今の携帯買った時も、買って一週間後にアスファルトの上に落として傷が入ったし。使ってれば何でも傷むのが普通ですが、買ってすぐだとかなりショック受けます(-_-;)。

でも友人の中には、3万五千円でコート買って、買ったその日にそれ着てバイク乗ってて転倒して、買った数時間後にズタズタになって廃棄処分した人もいますし、新車を買った半年後に台風で車が海水に浸かって廃車になった人もいますから、それを考えればまだちょっとは救われるんですが。はぁ~、でもショック。

ビール

暑い中、ウエイトトレーニングとジョギングをして、さらにサウナに入った後のビールは最高ですね。でも、これは健康に悪いということに最近ではなっているのだとか。

「そんなことしてると痛風になるよ」と言われたこともあります。はたして彼らの助言は正しいものなのかどうか、考えます。ビールを飲みながら考えてます。

減量入院

減量入院というものがあるそうで、自分が無知なせいか、最近初めてしりました。自分のちょっとした知り合いの人がそれを行ったということで、ずいぶん痩せてましたので、びっくりしました。

20kg落ちたとかで。徹底した食事管理と運動だそうですが、一人暮らしで自分で食事の管理をするのは難しいので、こういうのがいいかも。

一人で行う減量で、ただ、食べない、というだけではビタミンやミネラルなどの栄養のことが全くおろそかになりますし。金額と期間が問題ですね。

ロードランナー

トレーニングジムにあるロードランナー。呼び方は様々ありますが、ベルトコンベアみたいなものの上を走るマシンです。

普段全く走ることがないのに、やってみました。あまり早くないスピードで始めたのですが、めちゃめちゃ苦しくなってきたので、もうヤメ。

タイマーを見ると6分しか経ってませんでした。情けないというか何というか。。いや、運動不足の身でしたら、これぐらいでしょう。。進歩を目指します。

懸賞

懸賞は子供のころ、よく出してましたが、当たった記憶があるのは一回だけです。漫画のキャラクター入りのカバンでした。

成長するとやっぱ懸賞よりも宝くじに流れていきますよね。高校の時は宝くじをよく買ってました。それから時が流れて諦めの境地に達して今では懸賞も宝くじもやってないです。。

考え方の違う人はここからギャンブルに流れて行きますが。

家の虫

ゴキブリが出てました。何とか追い出そうとしたんですが、逃げられました。以前、住んでたアパートで脚の端から脚の端まで20cm以上あるような巨大なクモを見たことがあります。自分がいつも寝ている部屋の壁に張りついてまして、びっくりしました。

ホウキで外に追い出しましたが、怖かったですね。虫は見つけても殺しません。死体の処理が嫌なので、いつも追い出すようにしてます。

趣味の変遷

歳とってくると趣味も変わってきます。自分など、子供のころは切手集めに狂ってましたが、今ではそれは全然しなくなってしまってます。

代わりにパソコンやウエイトトレーニング、CGに興味を示すようになるとは、子供のころは想像だにしませんでした。30年くらい続いてるのはウエイトトレーニング、次に長いのはパソコンという感じです。

案外将来は、盆栽や園芸、囲碁などに熱中しているかも知れません。しかしそういう趣味に走るといかにも老人って感じがして悲しくもなりますが。。

ウォーク&ジョグ

名前の通り、ウォーキングとジョギングを交互に繰り返す運動です。これを聞いたので、やってみました。

1分ごとに「歩く」と「スロージョギング」を繰り返します。最初は合計10分間くらいでいいというので、10分間だけ。

それでも普段の運動不足がたたって、かなりきつかったです。また、人目も気になりました。習慣になればいいのですが、ちょっと自信がありません。

自転車で通う

自分の知り合いの人で、健康のために週2回ほどは会社まで自転車で行っているという人がいるのですが、歳は60代前半、自転車で行った場合、1時間10分ほどかかるらしいです。

これを何年も続けているとかで、それだけでもすごいと思います。自分も以前、自転車を買った時に通勤に挑戦してみましたが、20分くらいの距離でも苦しくて三日で挫折しました。

パソコン用のノート

あるものを探して、押し入れの中に片付けていたダンボール箱を片っ端から開けていると、昔、初めてパソコン買った時に自分で勉強したノートが何冊も出てきました。

当時はwindowsやソフトの説明書読むのに、パソコン用語辞典で調べながら読んでた状態。それをノートに手で書いて勉強しました。今見るとかわいいことばかり書いてありますが、当時は覚えようと必死だったんですね。

業績

最近、会社での個人の業績が最悪という感じです。毎月棒グラフが貼りだされるので、自分の業績も他人の業績も一目で分かります。

学生の頃は通知表でドキドキしてましたが、社会に出てからは棒グラフとか、実績表でドキドキしますね。人間とは、幼い時から成績がつけられるような仕組みになってしまったのでしょうか。

今思えば学生の時が一番楽でしたね。特に大学時代は親の仕送りで暮らしてまして・・今になって、親の苦労が分かります。

酒はなかなかやめられません

昔、正月の時期に友達の家で大騒ぎして、日本酒とビールの掛け合いをしたことがあります。その弾みでパソコンのディスプレイに思いっきりかかって、1台壊してしまいました。一気に酔いが醒めました気分でした。

でも、ある友人が「今は、落ち込むときじゃない!」と言うので、その後さらに酒を呑んで記憶を消す方向に持っていきました。でもしっかり覚えてますけど。

翌日、ディスプレイの持ち主に連絡したら「酒がかかったぐらいで壊れてどうする!」とメーカーに抗議したみたいです。この友人でよかったと心より思いました。

繁華街のゲロ

飲みに出ると、道路で吐いてる人をよく見かけます。20代くらいならまだ分かりますが、60過ぎてるような人が吐いてるのは見苦しいような。。いい歳してそこまで飲むなという感じはしますが。

この間は、居酒屋の外に置いてある植木蜂の中に吐いてる人がいました。道路を汚すまいという配慮かも知れませんが、育ててる店からすれば、多分頭にくるでしょう。

禁煙は難しい

自分の周りで、昔は煙草を吸っていたが、今はやめたとか、最近禁煙したという人が何人もいます。しかしよく辞められたものだと感心。

自分もかつて一回だけ禁煙に挑戦してみたことがありますが、12時間しかもちませんでした。ですが12時間禁煙したという充実感はありました。禁煙のうちには入らないでしょうけど。

酒の強さの低下

酒に弱くなったということは、自分でも自覚するようになってきました。何か悲しいものがありますが。。

外で飲む場合は量が分からなくなってしまうのですが、家で飲む場合は、「睡眠時間が何時間だから、このコップでこれくらい」と、だいたい把握していて、睡眠時間が短くなってしまう日には量を調節するようにしてます。

しかし酒が残ってる状態で無理やり起きるってのはつらいですよね。昔はあれくらいの酒ではどうということはなかった量でそうとうつらい思いをしてます。

大人同士のケンカ

先日飲みに行った時、自分が飲んでる店でケンカが始まりました。ケンカしてたのは全く知らない人たちです。

最初は「表へ出えや!」とか「殺したろーか!」という感じだったのですが、片方が

「ワシは○○組の誰誰を知っとんじゃ!組関係にもぎょーさん知り合いがおるんじゃ!」

と、組関係者の名前を出すと、もう片方も

「ワシは××組の会長、知っとるんじゃ!今から電話したろーか!お前殺させるで!」
と言い返す。

結局双方共に連れが抑えて両者を引き離しましたが、大人同士のケンカというのはバックの出し合いになるんですかね。

駐車違反の仕返し

自分が15年くらい前にいた会社でのことですが、その会社の駐車場に何日間か続けて知らない車が停まっていたことがありました。勝手に自分の駐車場にしている感じ。

ある日、その車の停め方が、自分の上司の車が出しにくいような場所に停めてあったことがあって、その上司が

「毎日毎日、勝手にここに停めやがって。ワシの車が出しにくいだろーが。こういう奴は制裁を加えないかん。」

と言って10円玉でその車にギ~と長い傷をつけてました。しかしいいのか、こんなことして。

その車の持ち主も後で気づいたはずですが、警察は呼ばなかったようです。なんという陰湿な仕返し。。

バッテリーあがり

普段はほとんど原付に乗っているので、自家用車は持っていいるものの、滅多に乗ることがありません。長い時は3ヶ月くらい乗らないです。

これだけ期間が開くと、久しぶりに乗ろうと思ってドアを開けると、ドアの内側のゴムがくっついてて抵抗があるような感じになります。

先日も確か2ヶ月ぶりくらいに乗ろうとしたら、完全にバッテリーが上がってまして、エンジンがかかりません。またか。。

JAFを呼んでブースターケーブルをつないでもらったら何とかエンジンはかかりましたので、そのままオートバックスへ行ってバッテリーを換えてもらいました。3万円でした。

自分にとっては強烈な出費。全くこういうのって何でもない出費ですね。車を放置していた自分も悪いといえば悪いのですが。

カギをなくした

自分の知り合いが、飲みに出た時、カギをなくしました。家のカギと車、会社、その他二つで、合計5つのカギを一緒にしていたものをなくしたらしいのです。
 
その日は家に入れず、ホテルに泊まったといってましたが、まとめていると便利ではありますが、なくす時は全部いっぺんになくすので、こういうのって困りますよね。
 
カギの110番を呼んで家のカギを開けてもらい、それぞれのスペアキーは家にあったので、事なきを得ました。
 
自分は20年以上前ですが、家のカギをなくして窓から入ったことがあり、それ以来家のカギと原付と車のカギはスペアキーを財布の中に入れてますので、あれからはカギに困ったことはありません。

年配者のお見合い

自分の知り合いで、60代半ばの人がいるのですが、その人が先日お見合いをしました。相手の女も60代。場所は大衆食堂。

後日、その人と会ったので「この間のお見合い、どうでした?」とちょっと聞いてみると

「穏やかそうな女でまあまあ、えかったんじゃが、『まだ立ちますか?』って聞かれて参ったで。まだまだビンビンに立ちます!と返事してやったが。」
とか言ってました。

年配者のお見合いとは、そういう会話も出るんですか。

逆ストーカー

とっくにつぶれてしまったが、ある飲食店のおかみさんにはパトロンというか、スポンサーみたいな男がいた。

その男、年は60代半ば。ところがこの男は別の、飲み屋のママさんとも非常に仲がいい。

おかみさんとしてはそれが非常に気になる。だからおかみさんは、自分の店のお客で、繁華街の中に住んでいる、ある男に頼んでは、その「彼」の動向を探らせていた。

その彼が「繁華街に来てるはず」という日に、繁華街の、その人がいつも車を停める駐車場に、その人の車が停まっているかどうかを確認させに行かせたり、「彼」の後をつけさせて、どの店に入るか調べたりしていた。

動向を探る行為は段々エスカレートし、男に頼んで、その「彼」の家まで行ってもらい、どの部屋に電気がついているとか消えているとか、そういうことまで報告させるようになった。

頼まれていた男も、あんまりしょっちゅう頼まれるので、段々面倒くさくなっきた。一回の駄賃は500円だったらしい。

ある時などは、朝の7時ごろにその男に電話があり、その人の携帯の番号を教えるから、あなたからその携帯にかけて、相手が電話に出るかどうか試して欲しいなどの意味の分からないことまで頼まれた。

そこまで人の行動が気になるものなんですかね。

ポジション

人って色々なポジションが在ると思います。

心配してくれる人も居れば、難しい問題になるとコソコソと逃げていく人、どちらでもない私に何も言わないで聞かないでみたいな人も。

私の場合は、心配をしてしまう性格なのです。私も困ったときには、色々と助けられて生きてきたものですから困ってる人を見ると私も助けてあげなきゃって思ってしまうのです。

時には、お金のことだって在りましたよ、それでもその人がそれで助かるならと思えば貸したりもしました。見返りなんて望んでいません、騙されたのかもしれません、それでも自分が出来る範囲なら問題ないです。

だから貯金が溜まんないんですけどね・・それでも誰かがちょっとでも助かったんならそれで良いです。

そこは、覚えておこうよ

気が付くと自分の誕生日だった、そんなことは、歳を重ねると忘れがちになってしまう。

忘れるくらいに誕生日に興味が無いというのが本音なんだろうなと考えるけど、それ以上に回り、もおめでとうなんて言わなくなったし、むしろ私の誕生日を知ってる人の周りでもない。

昔からの付き合いの在る仲間ですら、おめでとうなんて言わない、そらそだろうと思う私だって仲間の誕生日など記憶してないし覚えてても言わないと思う。

だけどこの間実家に帰って親に言われたのが、そういやアンタ誕生日そろそろじゃないの、で、何日だったっけ?・・そこは、覚えておこうよ、かあちゃん・・・。