新人のうちは仕事のことでも分からないことが多く、当然先輩社員に聞くような場面も出てきますが、職場の中に一人、熱い人がいて、30秒くらいで終わるであろう質問の回答も、いつも20分くらいかけて丁寧過ぎるほどに教えてくれる人がいます。

確かにいろんなことを知ってる人なので、分からないことを聞くにはいいのですが、あまりにも説明が長く・・それは熱心であり親切だということは分かっているのですが、うかつに質問するとえらい時間取られてしまいます。

みんな、だんだんとその人に聞くのをためらうようになりました。いい人なんですが、やはり何事にもほどほどというものがあるような気がします。